毛抜きでムダ毛を1本1本抜くのはとても時間がかかる作業ですが、抜いた後はかみそりで剃った場合などとは違い、とてもきれいに見えますよね。 毛抜きでムダ毛処理する場合には、まず、処理する部分の肌を清潔にしておいてください。 長く伸びてしまった毛は、予めハサミで短くカットしておくと、抜きやすくなります。 それに、処理する場所を蒸しタオルなどで温めて、毛が抜けやすいようにしておきましょう。 入浴後などは肌も清潔になり、温まっているので良いかもしれませんね。 抜く時には、毛の流れに沿って抜くことも大切です。 また、皮膚をひっぱりながら抜くと、痛みが軽減されるはずです。 もしも、逆向きに抜いてしまうと、途中で切れてしまって根元から抜けない場合がありますから、気をつけてください。 そうすると、埋没毛となってしまい、医師の処置でなければ治らない可能性もあります。 処理が終わったら、ローションなどで保湿をすると良いでしょう。 それから、出血してしまった場合は消毒したり、皮膚が赤くなってしまった場合には冷たいタオルで冷やすと、肌トラブルが防げます。